20代で一戸建てを買うときの資金計画のポイント


●親の援助で頭金を増やし、35年返済でジックリ返済する

年代別に具体的な資金計画についてチェックポイントを確認
しておきましょう。
まず、20代で一戸建てを買う場合には、定年まではまだかなり余裕がありますから、最長の35年返済で全期間固定金利型のローンを利用するのが賢明です。なかでも一番金利の低い口ーンはやはり「フラット35」といえるでしょう。

76bc65105c095619123ffc36642db9da_s
今、3000万円の建売住宅を頭金600万円、借入額2400万円で、利用できる「フラット35」の金利が2.68%とすれば、ボーナス返済しないときの毎月返済額は8万8131円になります。年収が500万円とすれば、返済負担率は21.2%です。さほど無理のない資金計画になります。
ただ、もう少し金利を低くしたいというのなら、固定金利期間選択型10年の、年利2.0%のキャンペーン金利を利用する方法もあります。
現在20代であれば、しばらくは年収も増えるでしょうから、10年後に金利が上がっていても、さほど深刻な彫響は受けないと思います。
ただ、返済がきついからといって固定金利期間選択型2年、3年などの年利0.9%、1.0%といったローンを利用するのは禁物。
年収がまださほど商くないので、特約期間終了時の金利が上がっていると、返済額が大幅アップし、返済計画に破綻が生じる可能性があります。最低でも10年固定、できるだけ全期間固定金利型を利用するようにしてください。
それに、この年代なら、親もまだ働いていてある程度余裕のあるケースも少なくないのではないでしょうか。
親から一定金額の贈与を受けられないか、一度相談してみてはどうでしょうか。400万円の援助を受けて、頭金が1000万円になれば、格段に返済負担は軽くなります。
また、相続時精算課税制度を利用すれば、贈与税は非課税になりますから、十分検討に値すると思います。


新宿区ではマンションよりも新築一戸建てスーパーや御飯処が集まった商店街があり、活気のあるエリアです。 フローリングなので、お掃除しやすいのが魅力です。 地元に特化した不動産会社で、賃貸物件を探すことをお勧めします。http://www.chiyoda-ebisu.jp/shinchiku/toshin/新宿区 新築一戸建て

難波エリアでも賃貸マンションなどが豊富にあります。賃貸物件を契約する前に、周辺環境をチェックしておきましょう。 TVモニター付きインターホンが充実しており、安心して暮らせます。 公園があるので、休日は子どもと一緒に行楽を楽しめるでしょう。http://www.es-namba.jp/賃貸マンション 難波

大阪市東成区にある今里駅は賃貸物件が豊富です。インターネット接続が整った物件は、やっぱり魅力的です。 エリア内に銀行や郵便局などの金融機関があります。 地元に特化した不動産会社で、賃貸物件を探すことをお勧めします。http://www.es-imazato.jp/賃貸 今里